ニューモデルタイヤは3つあったほうがいい?トリシティ300

タイヤ3つのオートバイ「トリシティ」

トリシティ300はリーニングマルチホイールとよばれる大型スクーターです。タイヤが全部で3つあるのですね。

バイクに乗るのは何のため?ツーリングだったり、通勤だったり、また所有してそのデザインを堪能するためなんていうのもあるでしょう

一般的にバイクに乗ろうとしている人にとってはタイヤが3つもある必要は感じないのかもしれません。でもあえてそうしているには理由があります。

・・・というのもバイクとは乗らない人が考えるよりも「危険で面倒くさい乗り物」だからです。

路面のコンデイションは一定ではない

ツーリングに行けば、見ず知らずの土地を様々な条件で走らなければいけません

滑りやすい道路、段差があったり、いきなりの急カーブがあなたを罠にかけようと待ち構えています。

またあなたが悪くなくても、他の車の行動により急ブレーキを余儀なくされることもありますよね。上級者のバイク乗りでもヒャッとした事は一度や二度では無いと思います。

構造上、バイクは前輪が弱いので

そう考えると、前輪が二つあり、前後連動ブレーキまで装備するこのトリシティ300なら2輪よりもかなり安心して出かけられる事が想像できます。

オフロードバイクに乗っているとよくわかるのですが前輪が滑るとひとたまりもなく転倒します。逆に後輪は少々滑っても問題ありません。だから前輪を2つにしたのは理にかなってます。

バイクの開放感や曲がる楽しさを犠牲にせず、安全を確保する。いろんな状況を考えると絶対安全に家まで帰ることを考えれば、3輪でもやりすぎということはありません。

その事により旅先でもリラックスしてツーリングを楽しめる、それがトリシティ300の魅力。個人的にバイクのネガティブな面をうまく消してよく作ったなあと感心したバイクなんです。

スタンディングアシストで余裕あるツーリングを

ワインディングでも快適な乗り味を楽しむために足付き性は今ひとつですが、それをカバーするためにあるのがスタンディングアシストという機構。

ボタンひとつで車体を倒れないようにロックできるのはこのバイクであればこそ実現したシステムです。

信号待ちでの安定感、これは2輪ではできないですよね。疲労がたまってきたツーリング後半にこそ役に立つ機構です。

またこのスタンディングアシストを使えば、タンデムの同乗者を乗せるときにもふらついたりする事もなく、バランスを崩してカッコ悪い思いをしなくてもよいのです。

二輪の事故はなかなか無くならないから

さて最初に述べたように、バイクを手に入れようとする人には様々な目的があり、やはり2輪でないとという考え方ももちろんあるでしょう。

ただバイクにはその構造上、スピードを出さないにしても一定のリスクがあります。

その事は誰もが知っていて当然気をつけているにもかかわらず、事故が絶えないのが現実です。

だからワンランク上の安全なバイクが必要になった。

トリシティ300はそれに対してのヤマハからの一つの答えなのでしょう。

カラーは3色、艶のあるグレー(右)と緑がかったグレー(左)、あと黒っぽいグレーがある

LMW機構、上にはスタンディングアシストを実現するブレーキキャリパーのようなものが見える

黄色に光る「H」マーク点灯がスタンディングアシストが効いている証拠、点滅時は解除となる
スマートキーで様々な操作をおこなう
収納は写真のように広い、これもスクーターの強み