ニューモデルポジション改善でさらに乗りやすくなった!【MT-07ABS】がリリース!

欧州での発表から遅れに遅れて新型MT-07ABSがリリースされました。

事情でなかなかリリースされなかったMT-07新型がやっと登場しました!外観もそうですが、それ以外にもけっこう手が入っているようです!どこが変わったのかを見てみましょう。

まずは新型MTシリーズの特徴でもあるデザインを一新したバイファンクションLEDヘッドランプ&ポジションランプ。照射範囲が広くムラなく照らすので夜遅くなったツーリングで威力を発揮しそう。

確かに丸ライト世代の私たちからすると賛否両論ある部分ですが、引き締まった全体のデザインの調和で言うならば、個人的にこれもアリだなと感じます。

さらにフラッシャーランプも今回からLED化されました。

左右幅が32㎜広く、高さが12㎜アップしたハンドル、実際に乗った方などはかなり乗りやすくなったと高評価の感想だったようです。

またニーグリップ部分の形状も見直されていることなどでさらに疲れにくい楽なポジションになっているようです。

幅広い使い方が想定されるMT-07、距離の長いツーリングなどでも楽に乗れそうですね。

ネガティブ表示のマルチファンクションメーターを装備、ポジション変更のおかげもあって視認性も良いようです。

フロントブレーキは282⇒298㎜と大径化しました。実際に試乗した方から聞くと確かによく効くブレーキになったとの高評価です。

タイヤはウェツトグリップにも優れた性能を持つ「ミシュランロード5」雨の試乗でも安心して乗れる安定感であったとのことです。

またエンジンはユーロ5に適合し、燃費も舗装平たん路燃費が38.4⇒40.0キロと向上していると同時にドライバビリティ・リニアリティのある加速を高次元で両立させています。


また排気系を最適化。特に低速低開度時の音色を創り込んでいて、パルス感のあるサウンドにしているそうです。

タンクの形状がよくなったり、ハンドルのポジションが変更になったことでさらに乗りやすくなったMT-07。もともと軽量な車体もあって1000㏄以上の大きなバイクに疲れてしまった方、250、400からのステップアップの方には強くおすすめしたいバイクですね。

カラーはパステルダークグレー、ディープパープリッシュブル-メタリックC、マットダークグレーメタリック6の3カラーとなります。

メーカー希望小売価格は814000円(税抜き740000円)価格は20000円アップしたとはいうものの大型バイクにしては抑えた設定です。

バイクの楽しさとはなにかを考えた時に、自分にあった大きさとパワー感は何より大事ですよね。そういう意味でMT-07のようなバイク、もっともっと評価されてもよい貴重な存在ではないでしょうか。

さて、このMT-07ABSですが諸事情(コロナの関連)のため入荷台数が非常に少なくなっております(ほぼYSPのみの販売となります)

ご注文のタイミングによっては色などの希望にこたえられない可能性がありますのでお早めにお問合せ、ご予約ください。