YSP大分、スタッフの北です。久しぶりに国道500号線を使って安心院町に来ました。安心院といえばワインとすっぽんの町、好きな場所は子供のころから遊びに行った東椎屋の滝です。

国道を北上し、安心院町役場前まで走ったのですが、どこか違和感のある青い看板を見つけました。確かここは普通の交差点だったような気がしますが・・・

この交差点は、ラウンドアバウト交差点(環状交差点)といいまして、時計回りで徐行しながら通行する交差点です。何かに例えるなら・・・駅前のロータリーのような感じです。

大きな特徴は信号機や一時停止がなく、随時進入、離脱ができるということ。最初は少し戸惑いましたが、慣れれば案外普通に通行できます。

渋滞が起こりやすく交通量の多い交差点には向かないとのことですが、交差点でよく発生する右直事故のリスクがなくなるというのは、普段バイクに乗っているから自分からすると、かなり魅力的です。少しずつ普及していくといいですね。