高千穂町へソロツーリング

こんにちは、YSP大分の北です。GWに入る前の休日のお話ですが、宮崎県の高千穂町へ行ってきました。高千穂町は熊本と大分の県境にある町で、高千穂峡や天岩戸神社など宮崎県内でも屈指の観光スポットを有しています。

ただ今回はソロツーリングで、コロナ禍といったこともあり、今回は高千穂峡などの有名観光地を避けることにしました。落ち着いたらまた遊びにいきます。そして市街地を抜けてある場所に向かいました、そこは…

市街地からちょっと離れた場所にある高千穂駅です。高千穂町には高千穂駅と同県の延岡駅を結ぶ、高千穂鉄道という路線が町内を通っていましたが台風災害により2008年により廃止されてしまいました。地元の有志の方が駅や線路設備を引き継いで、トロッコ列車が運行される鉄道公園として、生まれ変わったという経緯があります。

構内は100円で見学ができます。延岡行きの列車が止まっていましたが、廃線から13年が経ち線路が剝がされている箇所も多々あるので先に進むことができません。少し寂しいですね…。

延岡方面に下ると、五ヶ瀬川沿いに廃線跡が残っています。舗装されていたり、駅舎が残っていたり、綺麗に手入れされている駅も多いのが特徴です。やっぱり地元の人の悔しさもあるのではないかと思います。

槇峰(まきみね)駅は当時の時刻表や灰皿、椅子もそのままです。
上崎(かみざき)駅です。地元の方が手入れされていました。
西延岡駅です。当時のままのようです。

個人的にもちょっとマニアックな旅となってしまいましたが、当時を思い出す、いい機会になったと思います。みなさんも廃線旅いかがでしょうか。