ニューモデルSR400FinalEdition  今なら8月納車もできるかも

いわゆるネオレトロではない本物のクラシック

SR400、いわゆる「ネオレトロ」と呼ばれるクラシック風のそれとは違い、1970年代から続く基本形をできるだけ変更せずに四十数年続いているバイクです。

それゆえ他では真似できない唯一無二の存在のバイク、であるといえるでしょう。

そんなSRがFinalEditionとなり、いよいよ生産が終わろうとしています。

ラストの生産が供給に追い付いてきました

リリースされてからというものバックオーダー状態が長く続き、ご注文いただいたところで年内のお渡しも難しいのではと言われていたSR400FinalEdition

ですが、ここにきて生産のペースがあがってきているようです。

これまでお待ちいただいていたお客様へのお渡しもどうやら7月中には完了しそうです。

8月中の納車もできるかもしれません

それで現時点であれば早期のお渡しができそうな感じになってきました。

具体的な時期についてはお約束できないものの、今からならご用命のタイミングによっては8月中のお渡しもできそうです。

当店の持ち台数に達し次第販売終了します

ただしSR400FinalEdition、残りの提供できる台数も少なくなってきました。最後は早いもの勝ちとなり、販売が終了となります。

いよいよ完売まで秒読みになったSR400FinalEdition、YSP大分までお問合せください。